関西大学美術部白鷲会

top links contact
一覧に戻る

第五章 美術部再興

1945(昭和20)年8月、戦争は日本の無条件降伏で終結した。

平和の訪れとともに、
キャンパスにはふたたび学生たちが集い、活気が戻る。
授業が再開されクラブ活動が次々と復活するなか、
1948(昭和23)年5月、有志の呼びかけにより美術部の活動も再開される。

1952年頃の法文学舎
左側の塔の3階に
美術部白鷲会の部室があった
1952年頃の法文学舎
(『関西大学115年のあゆみ』から複写)

かわきりは6月の文化祭
(文化部所属のクラブが毎年5月〜6月ごろに大阪、梅田の産経会館で開催)

10月の大学祭での学内展示であったが
戦争による活動の中断 、人的交流の断絶が
もたらした傷は深く 戦前の白鷲会の名称を
正確に思い出せるものがなかったため 当時の
目録には誤って「白鴎会」と記されている。

再開にあたり部員たちは当時の宮島綱男理長に
直談判し,活動の拠点として法文学舎
(戦前の大学本館)の学長室の真上に部室を得た。


この部室は、学舎建て替えのため建物が取り壊される1954(昭和29)年まで使用され、
その後、部室は尚志館に移動した。

また、戦後、関西大学は男女共学となり、美術部にも女子部員が増えるようになった。

法文学舎の部室にて
法文学舎の部室にて
  津高和一氏を囲んで 1952年頃(前田孝一氏提供)
前のページに戻る
次のページに進む
pagetopへ
活動 | 展覧会 | 作品 | 掲示板 | 資料館 | TOP | LINKS | CONTACT
Copyright (C)Hakusyuukai. All Rights Reserved.