関西大学美術部白鷲会

top links contact
一覧に戻る

第八章 『白鷲』の発行

戦後復活するや、旺盛な発表活動で その名を関西の美術界に
知らしめた美術部白鷲会であったが、
部員たちのエネルギーは絵筆だけにおさまらなかった。

1953(昭和28)年12月、『白鷲会会報』が創刊される。

この『白鷲会会報』は、翌年には誌名を『白鷲』とあらためられ、以後毎年発行された。

『白鷲』は、顧問や現役生、OBのエッセイや芸術論が満載された本格的な冊子で、
今日では当時の美術部の活動を知る貴重な資料となっている。

現在『白鷲』は、創刊号、No.2,No.9,No.11, No.14, No.15が確認されている。

何号まで発行されたのかは不明だが、1970年代前半まで発行されていたようである。

『白鷲』第2号
『白鷲』第2号 1954年
(前田孝一氏所蔵)
『白鷲』第15号
『白鷲』第15号 1968年
(西山重喜氏所蔵)
前のページに戻る
次のページに進む
pagetopへ
活動 | 展覧会 | 作品 | 掲示板 | 資料館 | TOP | LINKS | CONTACT
Copyright (C)Hakusyuukai. All Rights Reserved.