関西大学美術部白鷲会

top links contact
一覧に戻る

第九章 活動の拡がり

初期の『白鷲』を見ると、
新歓コンパ、学外での回生展やグループ展、夏と冬の合宿、
大学祭(のちの千里祭、現在の学園祭)での学内展、
大阪市立美術館での白鷲会展、追い出しコンパなどが、
すでに1950年代から行われていた。

今日の美術部白鷲会の恒例行事の原型は、半世紀前にかたちづくられ、
名称や場所を変えながら継承されてきたことが分かる。

一方で、今日ではなくなってしまった行事もある。
そのひとつが「関関戦」である。

関関戦とは、
関西大学と関西学院大学がさまざまな競技で勝敗を競う スポーツ対戦であるが、
美術部白鷲会でも、1955(昭和30)年頃から1970年代初頭までの約20年間、
関西学院絵画部弦月会との間で「関関戦」と称した野球の交流試合や合同展、
交歓会が行われた。

また、1960年代末から1970年代初頭には毎年大阪の中之島公園で野外展が開かれている。
この頃、美術界では従来の絵画や彫刻の概念にとらわれない新しい表現が台頭したが、
その影響は美術部白鷲会にも現れ、この野外展でも、屋外の空間を活かした実験的な
作品が多く出品された。
夜間は部員がテントを張って不寝番をし、大阪市長からビールの差し入れを頂戴した
といったエピソードも残っている。
(第九章 次のページに続く)

春期白鷲会展会場 1969年
中之島公園で開かれた春期白鷲会展会場 1969年
(関西大学美術部白鷲会ほか提供)
前のページに戻る
次のページに進む
pagetopへ
活動 | 展覧会 | 作品 | 掲示板 | 資料館 | TOP | LINKS | CONTACT
Copyright (C)Hakusyuukai. All Rights Reserved.