関西大学美術部白鷲会

top links contact
一覧に戻る

第十二章新たな歴史に向かって

2005(平成17)年、 30年以上美術部白鷲会の活動拠点であった
誠之館の部室が、別棟に移転する。
部室自体は以前より多少広くなったが、その一方で、
特別講堂の改築にともないアトリエが立ち退きを
余儀なくされ、白鷲会展などに出品する大作を制作する場を失った。
アトリエに代わる制作の場をどう確保するかが、目下の課題になっている。

そして、2004(平成16)年、わが関西大学美術部白鷲会は創部80周年を迎えた。
この間、美術部白鷲会は数多くのOBOGを輩出してきた。
卒後後、本格的な美術家として歩み、美術界で高い評価を得ているOBOGも少なくない。
しかしながら、他校のようなOBOG全体を糾合する組織がなかったことが、
美術部白鷲会の弱点でもあった。

近年、1970年代前半以前のOBOGによる展覧会が3年ごとに開かれてきたが、
創部80周年を機に、これまで欠落していた1970年代後半から最近までのOBOGにも
参加を呼びかけ、OBOG会を拡充しようという動きが起こり、
ついに2005(平成17)年10月15日、大阪難波にて、20 歳代から80歳代まで全世代の
OBOG約50名が一堂に集い、創部80周年記念懇親会を催すに至った。

創部80周年。この気が遠くなるような時間の積み重ねは、
歴代顧問の先生方や関係者のご指導、ご支援と、幾多の困難を乗り越え活動を
発展させてきた無数のOBOG諸氏の努力のたまもの以外のなにものでもない。
伝統の重みをひしひしと感じつつ、この歴史の節目を、現役生とOBOGが一体となり
美術部白鷲会の歴史を刻む新たな第一歩としたい。

関西大学美術部白鷲会の前途に幸多からんことを祈って。

(文:平井章一/1985年度部長)

執筆にあたり下記の方々の協力を得ました。ありがとうございました。
前田孝一氏、矢島千船氏、古谷勝紀氏、水田淳氏、西山重喜氏、山崎早規子氏、
関西大学美術部白鷲会現役生諸氏、関西大学年史編纂室(順不同)

※この「関西大学美術部白鷲会80年の歩み」は、2005(平成17)年10月15日に
大阪難波で催された関西大学美術部白鷲会創部80周年記念懇親会で
参加者に配布した『関西大学美術部白鷲会80年小史』に若干の編集を加えたものです。

※本文の無断転載、無断引用は著作権法により禁じられています。

©Shoichi HIRAI 2008

前のページに戻る
pagetopへ
活動 | 展覧会 | 作品 | 掲示板 | 資料館 | TOP | LINKS | CONTACT
Copyright (C)Hakusyuukai. All Rights Reserved.